スポンサードリンク

2006年12月31日

外為取引(FX)

FX(外国為替証拠金取引)は、保証金をベースに外貨取引を行うものです。証券会社やFX専門業者に保証金を預けて、その保証金を担保にお金を借りて外貨取引を行います。FX(外国為替証拠金取引)は、1998年に「外為法」が改正されたことにより誕生した取引方法です。当初は、詐欺まがいのFX業者もあり、多くのトラブルが発生しました。2004年12月に「金融先物取引法」の改正があり、FX(外国為替証拠金取引)の説明義務や無理な勧誘の禁止などが法律で制定されました。これにより、取引トラブルは減少し、FX(外国為替証拠金取引)の取引が増え始めました。

FX(外国為替証拠金取引)は、株式投資に匹敵する儲けを狙う外貨投資法で、儲けのチャンスが多い投資手段といえます。外貨投資商品や株式投資と比較した場合、FXが儲けのチャンスが多いのには理由があります。それは、少ない資金で大きな取引ができるからです。少ない資金(5万円ほどから)で始められることができるのです。通常、株式投資(ミニ株等は別)は、始めるのに最低数十万円の資金が必要になります。元手が10万円なら、他の外貨投資商品や株式投資では10万円までしか取引が行えません。しかし、外国為替証拠金取引(FX)なら、その数倍での取引(レバレッジ)も可能なのです。しかも「売り」から入る取引も可能です。

FX(外国為替証拠金取引)のつづき



スポンサードリンク
posted by 資産運用局 at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資

2006年12月30日

フィデリティ・世界分散・ファンド

【ファンド名】
フィデリティ・世界分散・ファンド(債券重視型)
<愛称:3つのチカラ>
【特徴】 
ファンド・オブ・ファンズ(注1)での運用します。3本のマザーファンド(注2)を通じ、世界(日本を含む)の債券、株式、REITに分散投資します。配当等収入の確保と長期的な信託財産の成長を目指して運用します。資産配分は世界の債券70%、世界の株式15%、世界のREIT15%を基本とします。隔月(奇数月)決算。原則として為替ヘッジを行わないため、為替変動の影響を受けます。
【決算】年6回
【分配金実績】
2006/11/10(第4期) 60円
2006/09/11(第3期) 130円
2006/07/10(第2期) 56円
2006/05/10(第1期) 0円
フィデリティ・世界分散・ファンドのつづき

スポンサードリンク
posted by 資産運用局 at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2006年12月29日

投資信託 基準価格

投資信託には基準価格があり、その投資信託の時価をいいます。

元々の金額から評価が高くなれば上がり、低くなれば下がります。

例えば、1万円で購入したものが1万2千円になれば、2千円の儲け、8千円になれば、2千円の損となります。

基準価格は、そのファンドに組み入れられた銘柄の株価の変動や、金利の変動などによって影響を受け変わります。

投資家から委託されたファンドマネージャーは、株価や金利の変動などの要因を考慮した上で、基準価格が上昇するように運用していきます。

投資信託 基準価格のつづき

スポンサードリンク
posted by 資産運用局 at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。