スポンサードリンク

2006年09月23日

なぜ資産運用?

2005年4月よりペイオフが全面解禁となり、普通預金や当座預金も金融機関の破綻時には元本1,000万円までとその利息分までしか保護されなくなり、お金を銀行に預けてさえいれば安心だった時代は終わりました。また、年功序列賃金制度から能力給制度への転換、公的年金制度の見直しなどで、将来の収入の予想がつきづらくなってきています。

特に、老後資金については自助努力による準備の必要性が高まってきています。例えば60歳の男性は、平均で約22年間生きるというデータがあります(厚生労働省平成16年簡易生命表)。そして、平成16年度の生命保険文化センターの調査によると、ゆとりある老後の生活費として、毎月約38万円が必要というアンケート結果が出ています。つまり、60歳で退職し老後のゆとりある生活を送るためには、毎月38万円を22年間、約一億円の生活費が必要になるのです。

年金給付額の削減や年金支払開始年齢の引き上げといった制度の見直しのため、公的な年金だけでは老後を豊かに暮らすのは難しいといえるでしょう。自分の老後資金は、自分自身である程度準備していく必要があるのではないでしょうか。



スポンサードリンク
posted by 資産運用局 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。