スポンサードリンク

2006年12月31日

外為取引(FX)

FX(外国為替証拠金取引)は、保証金をベースに外貨取引を行うものです。証券会社やFX専門業者に保証金を預けて、その保証金を担保にお金を借りて外貨取引を行います。FX(外国為替証拠金取引)は、1998年に「外為法」が改正されたことにより誕生した取引方法です。当初は、詐欺まがいのFX業者もあり、多くのトラブルが発生しました。2004年12月に「金融先物取引法」の改正があり、FX(外国為替証拠金取引)の説明義務や無理な勧誘の禁止などが法律で制定されました。これにより、取引トラブルは減少し、FX(外国為替証拠金取引)の取引が増え始めました。

FX(外国為替証拠金取引)は、株式投資に匹敵する儲けを狙う外貨投資法で、儲けのチャンスが多い投資手段といえます。外貨投資商品や株式投資と比較した場合、FXが儲けのチャンスが多いのには理由があります。それは、少ない資金で大きな取引ができるからです。少ない資金(5万円ほどから)で始められることができるのです。通常、株式投資(ミニ株等は別)は、始めるのに最低数十万円の資金が必要になります。元手が10万円なら、他の外貨投資商品や株式投資では10万円までしか取引が行えません。しかし、外国為替証拠金取引(FX)なら、その数倍での取引(レバレッジ)も可能なのです。しかも「売り」から入る取引も可能です。

FX(外国為替証拠金取引)のつづき



スポンサードリンク
posted by 資産運用局 at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資

2006年08月21日

外貨預金とFX

外貨投資」の種類に含まれる投資商品の代表格は、外貨預金です。FX投資も「外貨投資」の種類に含まれます。

FX投資は、外貨預金と比較すると極めて優れた利点が複数あります。
・投資コストの安さ (外貨預金の10分の1〜20分の1)
・24時間リアルタイムで取引可能で、決済期限は無制限
・レバレッジコントロールが柔軟 (1倍〜20倍までリスクを自由にコントロール可能)
・期待収益の高さ (年利10%〜50%)
・中長期的な円安リスクをヘッジできる (円安による資産価値暴落を予防)

2005年のデータでは、外貨預金残高5.8兆円、FX投資残高は2917億円となっています。まだまだ、外貨預金が「外貨投資におけるスタンダート」の地位を保っていますが、上記のような明確な優位点がある以上、今後はFX投資へのシフトが起こるものと推測できます。

FX投資について詳しくは

スポンサードリンク
posted by 資産運用局 at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。